現在位置:
場コード:22#

ボートレースオールスター 総展望


SG第44回オールスター総展望

勝つのは人気者か、強い者か。選ばれし52名が九州・福岡で火花を散らす

豪華&強力な出場メンバー

ファンに選ばれた選手によって争われるSGボートレースオールスター。44回目となる今回も出場メンバーは豪華、かつ強力な顔ぶれが並びます。

まずは3月児島クラシック覇者の桐生順平(埼玉)選手。1月の戸田周年も優勝と絶好調です。地元津の地区選と徳山GIIで優勝、クラシック優出と今年絶好調な井口佳典(三重)選手に、今垣光太郎(福井)選手、茅原悠紀(岡山)選手、田頭実(福岡)選手と各地区のチャンプたちも登場します。ファン投票1位の峰竜太(佐賀)選手は悲願のSG初優勝へ、平本真之(愛知)選手はオールスター連覇に挑みます。第11回大会を当時最年少の22歳で制し、今年4月には3度目のマスターズ制覇と今も第一線で活躍する今村豊(山口)選手の出場も楽しみです。


8名の女子レーサーが出場

オールスターと言えば女子レーサーが多いのも特徴の一つ、今回は8名が出場します。なかでも注目は昨年の女子賞金バトルをリードし、大村レディースCCで特別戦初優勝を飾った遠藤エミ(滋賀)選手です。福岡は苦手とのことですが、昨年はヴィーナスS優出、ダービーで2勝と成績を残しています。地元の日高逸子(福岡)選手、小野生奈(福岡)選手、竹井奈美(福岡)選手にも頑張ってほしいですね。


迎え撃つのはMVP瓜生

迎え撃つ地元福岡支部の中心はもちろん、昨年のグランプリ覇者でMVPに選ばれた瓜生正義(福岡)選手です。ボート界最強兄弟の篠崎元志(福岡)選手と篠崎仁志(福岡)選手、3月江戸川でGI初優勝を決めて勢いのある岡崎恭裕(福岡)選手とグランプリ戦士が4名参戦します。最多勝利選手の渡辺浩司(福岡)選手とスタート巧者の松村敏(福岡)選手は初のオールスター出場です。的確なさばきが光る前田将太(福岡)選手も、知り尽くした地元水面で大暴れしてくれるでしょう。

モーターとボートは昨年6月からの使用で使い納め間近。また、この時期の福岡は風も吹かず、スピードレースが楽しめます。

ファンの皆様、自分の投票したレーサーたちに大きな声援を送ってあげてください!

SG BOATRACE ALLSTARS[笹川賞]歴代優勝者
開催年開催場優勝者
第1回1974年住之江野中 和夫
第2回1975年常 滑北原 友次
第3回1976年住之江野中 和夫
第4回1977年住之江加藤 峻二
第5回1978年住之江彦坂 郁雄
第6回1979年住之江中道 善博
第7回1980年住之江中道 善博
第8回1981年住之江貴田 宏一
第9回1982年住之江常松 拓支
第10回1983年住之江彦坂 郁雄
第11回1984年浜名湖今村  豊
第12回1985年住之江井上 利明
第13回1986年住之江新田 宣夫
第14回1987年尼 崎野中 和夫
第15回1988年住之江安岐 真人
第16回1989年下 関黒明 良光
第17回1990年住之江野中 和夫
第18回1991年住之江野中 和夫
第19回1992年住之江中道 善博
第20回1993年丸 亀野中 和夫
第21回1994年戸 田福永 達夫
第22回1995年浜名湖服部 幸男
第23回1996年児 島松井  繁
開催年開催場優勝者
第24回1997年常 滑植木 通彦
第25回1998年桐 生山崎 智也
第26回1999年蒲 郡濱村 芳宏
第27回2000年蒲 郡熊谷 直樹
第28回2001年浜名湖松井  繁
第29回2002年尼 崎西島 義則
第30回2003年平和島平石 和男
第31回2004年尼 崎上瀧 和則
第32回2005年常 滑植木 通彦
第33回2006年戸 田山崎 智也
第34回2007年住之江瓜生 正義
第35回2008年平和島井口 佳典
第36回2009年福 岡瓜生 正義
第37回2010年浜名湖岡崎 恭裕
第38回2011年尼 崎池田 浩二
第39回2012年浜名湖井口 佳典
第40回2013年福 岡新田 雄史
第41回2014年福 岡菊地 孝平
第42回2015年大 村山崎 智也
第43回2016年尼 崎平本 真之
2017年 第44回大会 福岡
優勝戦5月28日(日)第12レース



PAGE TOP