現在位置:
場コード:22#

ボートレースオールスター コース&モーター

福岡の代名詞"3コース捲り"

出力低減モーターが導入されてから、以前と比べて10%以上、インの1着率は上がっている。ただ、全国的に見ると低い部類でイン受難であることに変わりはない。

当地は2、3コースの1着率が高いのが特徴。特に3コースの1着率は全国一で、近況は20%を超えるシリーズが増えている。しかも、これは決まり手とリンクしており、"3コースからの捲り"は福岡の代名詞と言える。5、6コースの1着率はかなり低めだが、2、3着率はまずまずの高さ。インを外して買う場合、2、3コースのアタマから外コースの2、3着を狙うのが基本になる。

1号艇の優勝確率は50%台

現モーターになって特別戦は3回行われている。最も参考になるのは、直近のGIである2月の九州地区選。節間のインの1着数は34回で、日別のイン1着回数は初日から4回、5回、6回、7回、8回、4回。特別戦の最終日はインが強くなる傾向だが、福岡ではそのセオリーは通じない。

注意したいのが優勝戦だ。現モーターになって26回(4月6日現在)行われているが、1号艇の優勝は15回で優勝確率は58%と低め。直近10回の特別戦に限ってみると、枠番別の優勝回数は1号艇から3回、2回、1回、2回、1回、1回で、1号艇の優勝は30%まで低下する。どこからでも勝負になる福岡の優勝戦ほど、面白いレースはない。

展示タイムトップの舟券貢献度の高さはいまさら言うまでもないが、近況はその信頼度がさらに増している。今年に入ってから、展示タイムトップの3連率が70%を超えるシリーズが"普通"になってきているだけに、舟券作戦を考えるうえで絶対に欠かせない。


PAGE TOP